技術サポート窓口:0120-63-1138 契約サポート窓口:0120-21-2464 お問い合わせはこちら

【Office 365】ブラウザ版Outlookの本文にエクセルの表を貼り付ける裏ワザ

エクセルで作成した表をメールに貼りつける事

たまにあると思います。

売上表や価格表など、エクセルのファイルを添付するのではなく

もっとダイレクトに、直感的に、相手に情報を伝えるために、

本文に直接「表」を貼り付けることあると思います。

例えば、エクセルでこんな表を作成したとします。

outlook on the webにexcel表

これの表部分だけコピーして、Outlook2016のメール本文に貼り付けます。

すると、こんな感じで表が本文に貼り付きます。

outlook2016とexcel

しかし、残念ながらOffice365のブラウザ版Outlook(Exchange Online)はそうはいきません。

Outlook2016と同じ操作(エクセルの表をコピペ)をしたら

下記のように、罫線はおろか「表」らしくも表示されません。

exchangeonlineとexcel

ここであきらめてはいけません!

これを回避する裏ワザがあります。

まず、エクセルの表をワードに貼り付けます。

excelの表をwordに貼り付け

次に、Wordに貼り付けた表をコピーして、ブラウザ版Outlookに貼り付けるのです。

exchangeonlineとexcel

どうです?

見事にエクセルで作成した表がブラウザ版Outlookで表示されています。

Exchange Online(Plan1)プランで

Office365のメール機能を導入している会社だと

Outlook2016がなかったりするので

上記のような裏技が役に立つと思います。

この記事を書いた人

目次
閉じる