ドメインとは

ドメインとは端的に言えば、インターネット上の「住所」アドレスです。 ドメインはホームページアドレス(URL)や、メールアドレスの中で使われています。

目次

ドメインの役割

ホームページアドレス(URL)では「https://speever.jp」の「speever.jp」部分がドメインです。これに対して、メールアドレスでは「tanaka@speever.jp」の「speever.jp」部分が該当します。

ホームページアドレス

ドメインは、図のように、ご自身のホーページ(ブログ)や会社のホームページの住所ともいえるURL(住所)の一部になります。ホームページを公開するためにドメインは不可欠です。

メールアドレス

ドメインは、上記図のようにメールアドレスの「@」以降にも用います。このドメインによってメールの届け先を示してどこに送ればよいか配送先を判別できるわけです。メールアドレスの「@」以降は、ご自宅や会社の住所のようなものです。「@」の前は、社員の名前や部署名であるのが一般的です。

ドメインの種類

ドメインには種類があり、用途や意味、取得できる条件があります。ドメイン名の「.」で区切られた一番右側をトップレベルドメイン(TLD)と呼びます。大きく分けて、用途・分野別のgTLD(generic TLD)と国や地域を表すccTLD(country code TLD)の2つに分類されます。

代表的なドメインの種類

一般トップレベルドメイン(gTLD)

「.com」や「.net」「.org」など世界のどこからでも取得可能なドメインを一般トップレベルドメイン(gTLD)と呼びます。

ドメイン用途・意味個人法人
.com商用サービスを対象としたドメイン。現在は用途に制限はなく、
サービスやブランドの紹介サービスサイト、キャンペーンサイト、
個人サイトなどに利用され世界的に人気があります。
.netネットワークを意味するドメイン。
現在は用途に制限はなく一般的なドメインとして幅広く使われています。
「.com」についで人気があります
.org非営利団体を対象としたドメイン。
現在は用途に制限はなく一般的なドメインとして幅広く使われています。
.info情報サービスを対象としたドメイン。
現在は用途に制限はありませんが、その名称のイメージから
情報を発信するサイトに利用されています。
.bizビジネスを対象としたドメイン。
商用利用のみにしようが可能なドメインとなります。
.mobiモバイルサイトを対象としたドメイン。
現在は用途に制限はありませんが、公開したサイトやサービスが
モバイル端末の閲覧に最適化されている必要があります。
.tokyo東京を表したドメイン。
用途に制限はありませんが、東京に店舗がある企業や
東京に関連する情報発信サイトに最適なドメインです。

国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)

アメリカなら「.us」日本なら「.jp」のように、国や地域を表したドメインを国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)と呼びます。登録するには特定の地域に居住する個人や団体でなければならない場合もあります。一部のccTLDはgTLDと同様に登録要件がなく、誰でも取得することが可能です。

汎用JPドメイン

ccTLDのうち「.jp」は汎用JPドメインと呼ばれ、日本国内に住所を持つ組織・個人・団体が取得可能です。

ドメイン用途・意味個人法人
.jp日本を表すドメイン。日本国内に住所があれば取得できます。

属性型JPドメイン

「.jp」で終わるドメインのうち、機関や組織を表したドメインを属性型JPドメイン名と呼びます。

ドメイン用途・意味個人法人
.co.jp株式会社、有限会社、合同会社、合名会社、合資会社など
.or.jp社団法人、財団法人、医療法人、社会福祉法人、宗教法人、特定非営利活動法人
.ne.jpネットワークサービス提供者
.gr.jp2名以上の個人による任意団体、2つ以上の法人による任意団体(グループ)
.ac.jp学校法人・大学・短期大学・職業訓練校・職業訓練法人など
.ed.jp保育所・幼稚園・小学校・中学校・高等学校
.go.jp独立行政法人、特殊法人・政府機関(組織機構図に含まれる期間)

メールやホームページの
「困った!」を解決しませんか?

お取引企業20,000を超える実績を持つスピーバーでは、豊富な知識を持ったIT業務の専門家が 複雑な手続きや設定をサポートし、お客様の挑戦と成長を応援いたします。

スピーバーに相談する

【期間限定】独自ドメイン取得・共用サーバー3ヶ月分を税込100円でご提供中!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

クラウド黎明期から一貫して「初心者の方に分かりやすく」がモットー。
これからもITやクラウドを通じてお客様のお役に立ちたい。

まずはお気軽に
お問い合わせください

スピーバーのサポートデスクでは、レンタルサーバーに関するご質問やご相談だけでなく、
お客様のオフィス内でのお困りごと全般のご相談を受付けています。

パソコンの操作、メールの設定、迷惑メールやスパムメールが多くて困るといった、
日常業務でのお困り事をお気軽にご相談ください。

お電話での
お問い合わせは
スピーバーお問い合わせ電話番号:0120-63-1138
0120-63-1138
9:00~18:00(祝祭日を除く月曜日~金曜日)
目次
閉じる