PHPとは

目次

PHPとは?

世の中には色々なプログラミング言語が存在しますが、初心者におすすめの言語の一つがPHPです。

PHPは元々Web開発に特化したスクリプト言語で、サーバ側の処理(動きのあるページ)を記述するのに適しています。組み込み関数やフレームワークが充実していて、個人・企業を問わず多くのWebアプリケーション開発で採用されています。

今回は、初心者にPHPが向いている理由やPHPの特徴、これからPHPを習得するメリットなどについてご紹介します。

PHPの特徴

あなたが良く見かけるチャットや掲示板、SNS、ECサイトのほとんどがPHPで作られています。といっても過言ではないでしょう。それほど多くのWebサイト|WebページがPHPで作成されています。
PHPはもともと個人用ホームページの公開やアクセス解析をするための簡易ツールとして作られたため、Web開発に特化しています。またオープンソースのプログラミング言語として改良が続けられていて、大規模なWebアプリケーションやアプリ開発も可能な言語として進化しています。

動的なページが作成可能

まず「動的なページ」と「静的なページ」について説明します。

いつ、どんなユーザーがWebページを訪問しても、予め決められた内容が表示されるページを静的なWebページといいます。「静的なページ」のほとんどがHTML(及びCSS)で記述されています。

他方、Webサイトにアクセスした時間帯やユーザー情報に応じて、トップページに配置する情報をカスタマイズする機能を備えたWebページを「動的なページ」と呼びます。

PHPはサーバ側の処理を、簡単な文法で記述できます。動的なWebページには、データベースやブラウザなどから収集したデータを基に、表示内容を生成するプログラムが必要です。表示内容を生成するプログラムがWebページの提供者であるサーバ側で動作する場合をサーバサイド、それに対して、ユーザー側のブラウザで動作する場合をクライアントサイドと呼びます。

テキストベースで構築できる

PHPの環境構築はテキストベースで開発が可能なため、簡単なテキストエディタがあればそれだけでコーディングが

可能です。特殊な開発環境を構築しなくてもコーディングができる手軽さがPHPの大きな特徴です。

コンパイルが不要

PHPは、スクリプト言語であるためコンパイルが不要です。

コンパイルとは、人が読める状態のソースコードを解析し、コンピュータが実行可能な形式に変換することです。

PHPではこのコンパイル作業が不要で、テキストベースで記述したプログラムをそのまま実行できます。

まとめ

PHPの概要が大まかに理解できたでしょうか?

Webサイトを作成する言語としてもっともポピュラーでプログラミング入門としてもPHPはとても適しています。

Web系の仕事に関わるならプログラマーでなくても習得して損はありませんので、是非挑戦してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

大和(やまと)のアバター 大和(やまと) クラウドプラクティショナー

クラウド黎明期から一貫して「初心者の方に分かりやすく」がモットー。
これからもITやクラウドを通じてお客様のお役に立ちたい。

目次
閉じる