PHPとは

この記事の目的
今やビジネスにおいてコンピュータ・情報・通信などを中心とする「IT用語」に対する知識は欠かせません。
あまり馴染みがない各分野のIT用語を、なるべく専門用語を使わずに解説していきます。

この記事の対象読者
Web制作を始めたばかりの人。
自社のWebマーケティングを任された人。
専門用語についていろいろ知りたい人。
Webマーケティングを行なっているが、言葉の定義を再確認したい人。
など、Webに限らずDXに携わるすべての方に。

目次

PHPとは

PHP_ Hypertext Preprocessor

https://www.php.net/

PHPは”PHP: Hypertext Preprocessor”の略で、Web開発で広く使われるサーバーサイドスクリプト言語です。Webアプリケーション開発に特化したプログラミング言語で、主に以下のような特徴があります。

  • サーバーサイドで実行される言語
  • HTMLに埋め込むことができる
  • データベースとの連携が容易
  • 豊富なライブラリとフレームワークがある
  • クロスプラットフォームで動作する

PHPの基本構文

PHPの基本構文はシンプルで、HTMLに直接埋め込むことができます。PHPコードは <?php で始まり、 ?> で終わります。以下に簡単な例を示します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
    <title>PHPの基本構文</title>
</head>
<body>
    <?php
        echo “Hello, world!!”;
    ?>
</body>
</html>  

この例では、echo を使って “こんにちは、世界!” という文字列を出力しています。echo は、PHPで文字列や変数を出力するための基本的な関数です。

変数とデータ型

PHPでは、変数名は $ 記号で始まります。PHPの変数は動的型付けで、データ型を明示的に指定する必要はありません。以下に変数の宣言と使用方法の例を示します。

<?php
    $greeting = ” Hello, world!!”;
    $number = 42;
    echo $greeting;
    echo “<br>”;
    echo $number;
?>

PHPの主なデータ型は以下の通りです。

  1. 文字列 (string)
  2. 整数 (integer)
  3. 浮動小数点数 (float)
  4. 真偽値 (boolean)
  5. 配列 (array)
  6. オブジェクト (object)
  7. NULL

制御構造

PHPでは、様々な制御構造を使ってプログラムの流れを制御できます。以下に、if文とforループの例を示します。

<?php
    $number = 10;
   // if文
if ($number > 5) {
    echo “数値は5より大きいです”;
} else {
    echo “数値は5以下です”;
}
echo “<br>”;
  // forループ
for ($i = 1; $i <= 5; $i++) {
    echo $i . “回目のループ<br>”;
}  

関数

PHPでは、コードの再利用や構造化を促すために関数を定義できます。関数は function キーワードを使って定義し、return キーワードで値を返すことができます。

<?php
    function greet($name) {
        return “こんにちは、” . $name . “さん!”;
    }
      $greeting = greet(“太郎”);
    echo $greeting;
?>

この例では、greetという関数を定義し、引数として名前を受け取り、挨拶文を返しています。

データベースとの連携

PHPは、データベースとの連携が容易で、多くのデータベースシステムとの連携がサポートされています。特にMySQLとの連携が一般的です。以下に、PHPでMySQLデータベースに接続し、データを取得する例を示します。

<?php
    // データベース接続情報
    $servername = “localhost”;
    $username = “username”;
    $password = “password”;
    $dbname = “myDatabase”;
      // データベースへの接続
    $conn = new mysqli($servername, $username, $password, $dbname);
      // 接続エラーのチェック
    if ($conn->connect_error) {
        die(“接続エラー: ” . $conn->connect_error);
    }
      // データの取得
    $sql = “SELECT id, name FROM users”;
    $result = $conn->query($sql);
      // データの出力
    if ($result->num_rows > 0) {
        while($row = $result->fetch_assoc()) {
            echo “ID: ” . $row[“id”] . ” – Name: ” . $row[“name”] . “<br>”;
        }
    } else {
        echo “データがありません”;
    }
      // 接続の終了
    $conn->close();
?>

この例では、mysqli クラスを使ってMySQLデータベースに接続し、データを取得して出力しています。

まとめ

この記事では、PHPの基本概念や機能を紹介し、簡単な例を使ってPHPでのコーディングを紹介しました。PHPにはさまざまな機能があり、データベースとの連携やファイル操作、セッション管理など、Webアプリケーション開発に必要な機能が揃っています。また、ライブラリやフレームワークを利用することで、より効率的に開発を進めることができます。

PHPは独学でも学ぶことができます。

初心者向けのPHP学習リソース:

PHPだけでなく、HTML、CSS、JavaScriptなどのフロントエンドスキルを学び、これらの技術を組み合わせることで、より複雑で洗練されたWebアプリケーションを開発することができます。

メールやホームページの
「困った!」を解決しませんか?

お取引企業20,000を超える実績を持つスピーバーでは、豊富な知識を持ったIT業務の専門家が 複雑な手続きや設定をサポートし、お客様の挑戦と成長を応援いたします。

スピーバーに相談する
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

肩書:Webエンジニア兼Webライター
名前:さのくん
経歴:大学在学中にオペレーションズリサーチ分野を学ぶ過程でプログラミングを習得。
その後は不動産業界に従事しつつ、サイドビジネスとしてWebエンジニアを兼業。フロントエンド開発を得意とする。
Webライティング歴:1年超で執筆数は累計30記事を超える
使用言語:C言語, HTML/CSS/Sass, Javascript, Typescript, PHP, Shopify(Liquid HTML)

まずはお気軽に
お問い合わせください

スピーバーのサポートデスクでは、レンタルサーバーに関するご質問やご相談だけでなく、
お客様のオフィス内でのお困りごと全般のご相談を受付けています。

パソコンの操作、メールの設定、迷惑メールやスパムメールが多くて困るといった、
日常業務でのお困り事をお気軽にご相談ください。

お電話での
お問い合わせは
スピーバーお問い合わせ電話番号:0120-63-1138
0120-63-1138
9:00~18:00(祝祭日を除く月曜日~金曜日)
目次