法人向けおすすめレンタルサーバー!特徴や選び方を徹底解説

「法人向けに転送容量やサポートが充実したレンタルサーバーを検討したいけれど、どのようなプランがあるのか」
「法人向けのレンタルサーバーの特徴を教えて欲しい」

法人向けのレンタルサーバー選びで、上記のような悩みはありませんか?
レンタルサーバーを会社で使う場合、社員用メールアドレスや会社ホームページなどの用途で利用されます。個人向けサービスと違い、業務利用であればセキュリティ強度や安定性の高いサーバーを選ぶことが重要です。
そこで本記事では、法人向けのレンタルサーバー選びでお困りの事業者様に、法人向けサーバーの特徴や選び方を解説します。
記事後半では、法人向けプランが充実している「スピーバー」のレンタルサーバーもご紹介しますので、参考にしてみてください。

目次

法人向けレンタルサーバーの特徴

レンタルサーバーには、法人向けと個人向けの2種類があります。両方とも同じレンタルサーバーですが、法人向けは価格や機能が個人向けより高めです。

法人向けレンタルサーバーの機能の中では、特にセキュリティの高さが特徴です。法人はお客様や従業員のデータなど取り扱うデータの重要性が高く、万が一外部に流出すれば多大な損害が発生します。

そのため、法人向けのレンタルサーバーは個人向けよりもセキュリティの質が高く、機能面も充実しています。
では、法人向けと個人向けの違いをさらに深く理解してもらうために、双方のメリットとデメリットをあげて比較していきます。

法人向けレンタルサーバーのメリット

  • 業務利用を想定した十分な機能・スペックがある
  • サーバーの安定稼働を保証している
  • 充実したサポート体制が整っている

法人向けのレンタルサーバーは、当然ながら法人の業務利用を想定したサービス内容・スペックになっています。
仮に利用目的がショッピングサイトの開設や会社のホームページ開設、社員数名分のメールアドレスを取得したいなどである場合、個人向けのレンタルサーバーではスペックや機能などが物足りないといわざるを得ません。

もしも、サーバー側にトラブルが発生し、メールやホームページの運用が一時的に停止するとビジネス機会や信頼を失ってしまう恐れがあります。

また、アフターサポートについていえば、法人向けは電話・メールでの受付窓口を用意しているため、困った際に手軽に相談できる点もメリットになってきます。

法人向けレンタルサーバーのデメリット

  • 価格が高め

法人向けサーバーのデメリットは、ずばり価格が高い点です。高額になってしまう理由は、メリットとしてあげた部分を実現しているからです。

例えば、Webサイトから注文や問い合わせを受け付けている企業であれば、何らかのトラブルでWebサイト自体が表示できなくなると注文や問い合わせを受け付けられません。
さらに、Webサイトの改ざんや情報漏えいが発生すると、大きく信頼を失ってしまいます。

法人向けサーバーでは、こういったトラブルをできる限り防ぐために保守管理にコストをかけているのです。
ただ逆に、Webサイトが閲覧できなくなっても業務に影響が無いならば、質の高いサービスは不要かもしれません。

個人向けレンタルサーバーのメリット

  • 安価である

個人向けレンタルサーバーのメリットは安価である点です。個人利用を想定しているため、価格が低めに設定されているケースが少なくありません。

個人利用の想定ではありますが、法人が使ってはいけないわけではありません。例えば、会社情報や店舗紹介を閲覧してもらうだけのWebサイトであれば、安価な個人向けレンタルサーバーでも十分です。
個人向けだからといってサービスの質が悪いわけではなく、致命的なトラブルが頻繁に発生するわけでもありません。
法人向けのデメリットで触れたとおり、サーバー側の影響でWebサイトが表示不可になっても事業に影響が無ければ、個人向けレンタルサーバーも選択肢に含まれてきます。

会社にとってホームページは自社を知ってもらえる点や売上があがる点でメリットがあります。
Webサイトの非表示トラブルが事業に影響しないとしても、少なからずダメージはあるはずなので、自社の許容範囲の中なのかどうかを明確にしたうえで判断しましょう。

個人向けレンタルサーバーのデメリット

  • サービス内容に制限がある

個人向けレンタルサーバーは、価格が安い反面、機能やサービス、アフターサポートが制限されている場合が多いです。
具体的には「取得できるメールアドレスの数に制限がある」「電話での問い合わせ窓口が無い」などで、企業サイトを運営するにはもの足りない場合があります。
また、低価格のレンタルサーバーは、アクセスが集中すると技術的な制約により一時的に閲覧できなくなるケースがあります。

例えば、ショッピングサイトを運営している場合、商品の閲覧及び注文ができなくなるため、ビジネスが完全にストップしてしまいます。さらに顧客情報を多く取り扱っているため、セキュリティ面の品質も重視すべきです。

ショッピングサイトなどのWebサービスを運営する場合は、大量のアクセスに弱くセキュリティの品質が低い個人向けサーバーでは不安が残るため、おすすめはできません。

法人向け・個人向けレンタルサーバーの比較

法人向け個人向け
価格高い安い
セキュリティ強固機能が限定的で低い
サポート手厚い限定的
サービス多い限定的

価格は高くなりますが、企業のWebサイトを開設するならば、やはり機能が充実し、セキュリティ面などサービス品質の高いサービス選ぶべきです。
何かトラブルが発生した際、電話で連絡でき問題解決まで早くなる点を踏まえても法人向けサーバーが断然オススメです。

法人向けレンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーの選び方において、会社規模の大小に関わらずみなさんが気になるのは費用感でしょう。

月額数千円のプランから数万円のプランまであり、選択肢は多岐にわたります。様々な要素で費用は変わってきますので、今回は6つのポイントに絞ってご紹介していきます。

  • 選び方①:サーバーの種類で選ぶ
  • 選び方②:セキュリティ対策で選ぶ
  • 選び方③:サーバーの容量で選ぶ
  • 選び方④:サーバー稼働率で選ぶ
  • 選び方⑤:サポート内容で選ぶ

選び方①:レンタルサーバーの種類で選ぶ

レンタルサーバーは、共有サーバー、仮想専用サーバー、専用サーバー、クラウドサーバーの4種類に分類できます。

共有サーバー仮想専用サーバークラウドサーバー専用サーバー
利用形態共有仮想占有仮想占有占有
料金低額中間中間高額
安定性普通高い高い高い
自由度低い高い高い高い
必要スキル初心者~中級者~中級者~上級者

共用サーバーは1つのサーバー領域を複数人で共有するタイプのため、料金が安い反面、安定性や自由度は低めです。
仮想専用サーバーやクラウドサーバーは、1つのサーバー内に複数の占有領域を設けるタイプです。専用サーバーよりも低額で、安定感と自由度の高い使い方を可能とします。

双方を料金形態で比べた場合、仮想専用サーバーは固定額になりますが、クラウドサーバーは従量課金であるため運用次第でおもわぬ高額請求になる恐れがあるので注意しましょう。

専用サーバーは料金が高めですが、1台のサーバーを自社専用で利用できるため、自由度が圧倒的に高いという特長があります。

選び方②:セキュリティ対策で選ぶ

法人向けレンタルサーバーで各社が力を入れているのがセキュリティ対策です。例えば、サイバー攻撃と呼ばれるような外部からの侵入を防ぐ仕組みなどです。

具体的なセキュリティ対策の内容は、企業秘密となる情報のため公表されていないケースが多いですが、インターネットで調べればセキュリティ対策関連の情報はたくさん取得できるはずです。

サーバー会社を選ぶ1つの基準として、サーバーのトラブル発生時の対応時間を目安にするのもよいでしょう。 ほとんどのレンタルサーバーの公式サイトに障害の記録等が載っていますので事前にチェックできます。もしも、トラブル事例が載っていない場合、信頼できないレンタルサーバーとして判断するのもよいでしょう。

選び方③:レンタルサーバーの容量で選ぶ

サーバー容量はサーバー上に保存できるデータの量を指します。Webサイトのデータやメールデータが保管されるため、どれくらいの容量が必要なのかは使い方により変わってきます。

法人の場合、従業員の人数が数名ならば、人数分のメールアドレスを用意したとしても50GB程度の容量があれば十分でしょう。しかし、大規模なWebサイトや多人数のメールアドレスを利用する場合は、数百GB程度は必要になってきます。

選び方④:レンタルサーバー稼働率で選ぶ

サーバー稼働率とは一定期間を通して、サーバーが正常に稼働し続けている割合を示します。

稼働率はレンタルサーバー業者の公式サイトに記載されているケースが多く、法人向けレンタルサーバーにおいては99.99%といった高い稼働率を誇るサービスが少なくありません。

サーバー会社の中には、月間稼働率が100%未満だった場合、月額の一部を返却する「品質保証制度」を導入しているところもあります。

法人向けサーバーでは、トラブルに備えて24時間365日の監視体制により高稼働率を実現しています。

ショッピングサイトなどを運用する場合は、サーバー停止がビジネス機会の損失に繋がるため、出来る限り稼働率の高いサーバーを選ぶようにしましょう。

選び方⑤:サポート内容で選ぶ

Webサイトの運営やメールアドレスの利用をしていると、どれだけ慎重に利用していたとしても何かしらのトラブルは発生します。

そのトラブルが発生した時、どれだけ迅速に解決できるかはレンタルサーバーを選ぶうえでとても重要なポイントです。

特に、レンタルサーバーを初めて利用する場合、サポートセンターの存在は心強いはずです。サポート体制でよくあるのが、電話対応がなくメールでの相談のみのケースです。 緊急性があるトラブルであれば、メールで問い合せている時間もないはずです。電話でのサポート対応は法人としてレンタルサーバーを利用する場合は欠かせないポイントです。

法人向けレンタルサーバーのおすすめならスピーバー!

最後に、筆者所属の”ライド株式会社”が運営しているレンタルサーバーサービス「スピーバー」をご紹介させてください。おすすめポイントはたくさんありますが、今回は特に注目していただきたい4つのポイントをご紹介します。

  • 20年以上の運用実績
  • リーズナブルなのに高品質なサーバープラン
  • 導入前から導入後のアフターフォローまで親身なサポート体制
  • 次世代型データセンターにて安定したサーバー運用を実現

20年以上の運用実績

ライド株式会社は、20年以上のレンタルサーバー運用実績があり、50,000を超えるお客様へサービス提供を行っている実績もあります。

長年培ってきた経験をサービス品質向上に還元できるよう日々精進しております。

リーズナブルなのに高品質なサーバープラン

様々なレンタルサーバープランをご用意しており、お客様の利用用途によって最適なプランを選択していただけます。以下は3つのプランを抜粋して作った比較表です。

共用サーバー(シンプル)共用サーバー(セキュリティ)仮想専用サーバー(ミドル)
月額費用¥1,320¥7,150¥5,500
リモートサポートオプション有りオプション
ウィルスチェックスパムアサシンウィルス&スパムリジェクターDr.WEB
ディスク容量50GB50GB100GB
利用形態共用共用仮想専用
SSL証明書オプション企業認証SSLオプション

最も安価なプランは1,320円の共用サーバー(シンプル)です。ショッピングサイトなど運用する場合は、企業向けのセキュリティサービス「企業認証SSL」が標準搭載されている共用サーバー(セキュリティ)がおすすめです。

システムをサーバーへ組み込みたい場合や、サーバーの設定をご自身でカスタマイズしたい場合はサーバーの管理者権限が付与されている仮想専用サーバー(ミドル)をご検討ください。

導入前から導入後のアフターフォローまで親身なサポート体制

スピーバーのサポートセンターでは、レンタルサーバーの導入前・導入直後・運用開始後全てにおいて電話やメールでのサポート対応を行っております。

導入前であれば、サポート担当者による丁寧なヒアリングで最適なご提案を行います。導入後のお問い合せについては、状況を詳細にヒアリングし、問題の解決やご要望の実現に向け親身になって対応いたします。

安定したサーバー運用の実現

お客様のデータを管理しておりますデータセンターでは、無停電装置に加えて自家発電設備を標準装備。電力供給が完全に遮断された状況でも安心です。

また、揺れを緩やかにする耐震構造(積層ゴムアイソレータ)と、地震エネルギーを吸収し、揺れと地震力を低減する免震構造(弾性すべり支承) とを組み合わせたハイブリッド型免震構造になっております。

徹底した災害対策が行われているため、安心してご利用いただけます。

法人向けのレンタルサーバーをお探しの方は、是非スピーバーをご検討ください。

おすすめのレンタルサーバーに関しまして、さらに詳細を知りたい方は以下をクリックください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

ライドに営業企画として所属している。
人間の欲は千差万別ですが、顧客・取引先・社内の仲間・家族など、自分に関わる全ての人が少しでも幸せになってくれるような理想を追い続けています。土日は3児の父親として子育てに奮闘しています。

目次
閉じる