WordPressが使える無料レンタルサーバーの選び方と落とし穴とは?

「自社サイトを開設したいけど、できる限り予算は最小限にしたい」

個人や個人事業向けのレンタルサーバー選びでは、上記のようなお悩みをお持ちの方も多いかもしれません。
個人向けのレンタルサーバーには、WordPressを利用できる無料レンタルサーバーもリリースされており、予算をかけたくない事業者には魅力的ですよね。

しかし、無料レンタルサーバーの場合「自動広告が表示されてしまう」「無料SSL機能がついていない」など、いくつか注意点もあります。

本記事では、WordPressが使える無料レンタルサーバーの選び方や、注意点について詳しくご紹介します。

目次

WordPressが使える無料レンタルサーバーの注意点

無料レンタルサーバーは無料で使える反面、注意すべき点がいくつかあります。

  1. 自動広告が入る
  2. ディスク容量が少ない
  3. サーバーが不安定
  4. サービスが突然終わるかもしれない
  5. SSLに対応していない
  6. サポートがない

上記の注意点を踏まえると、無料サーバーはあくまでお試し用として、いずれは有料サーバーに移行するつもりで利用するのがおすすめです。

詳しく解説していきます。

無料がゆえに自動で広告が入る

ほぼすべての無料レンタルサーバーは、ページのどこかに広告が自動的に表示されます。

意図しない広告が入るのは、ビジネス向けのホームページにとっては大きな問題です。あなたと無関係の商品やサービスを、あなたのホームページ上で紹介しているので、水面下で損をしてしまいます。
また、会社概要を載せるようなコーポレートサイトに広告が載っていると、ブランドイメージに良くない印象を与えるでしょう。

あなた自身が閲覧する側になってイメージしてもらえば、よく分かるはずです。対象のページ内容が自分の見たいものであったとしても、広告が表示されると気になってしまい良い印象は無いはずです。

レンタルサーバーの保存容量が少ない

無料レンタルサーバーは使える保存容量がとても少ないです。大規模なコンテンツや動画の設置は諦めましょう。小規模なホームページの場合、1GBほどあれば足りると思います。

ただしWordPress本体の容量だけで100MB弱ありますのでご注意ください。

レンタルサーバーが不安定

無料レンタルサーバーはアクセスが集中すると速度が遅くなりやすく、最悪サーバーがダウンします。そうなると、せっかくホームページにアクセスしてくれたユーザーに迷惑がかかってしまいます。

またWordPressは特性上、ある程度サーバーの処理能力を必要とします。しかし無料レンタルサーバーは有料レンタルサーバーに比べてサーバーの性能が低いです。

アクセスが集中するなどサーバーにとって負荷が高いホームページは、運営者によってアクセス制限をかけるなど、何らかの措置が取られる場合があります。

サービスが突然終わるかもしれない

無料レンタルサーバーは突然サービス終了となる可能性があります。WEB上のサービスは予告なくサービス内容の変更や終了は珍しくありません。無料レンタルサーバーも例外では無いです。

サービス終了までいかずとも、無料レンタルサーバーの利用規約が変更されて、ホームページ内容の大幅変更や、公開中止を余儀なくされる場合もあります。試しに使ってみる程度の運用であればダメージが少ないかもしれませんが、仮に本格的に運用されている場合はサービス終了・サーバー削除の影響は甚大なはずです。

もう一度、同じ環境・ホームページを構築するのは大変です

SSLに対応していない

SSL通信とは通信データを暗号化するためのもので、ホームページを公開する上では事実上必須の機能です。

SSLに対応していないと、問い合わせフォームに入力した内容や、ログインパスワードが漏れる可能性があります。またSSL非対応のホームページとして検索エンジンに評価され、SEOスコアが下がってしまいます。さらにブラウザ上では「信頼できないサイト」である旨の警告がでます。

仮に暗号化する必要性がないホームページであっても、SSL非対応だとSEOスコアが下がりブラウザ上で警告が表示されるので、事実上必須とお伝えしたのはそれが理由です。しかし無料レンタルサーバーはSSLに対応していません。

サポートがない

今やインターネット上のサービスやスマートフォンのアプリ等において無料で使えるものはたくさんあります。そして、そのほとんどにサポート窓口が存在しない事実は恐らくみなさんご存知でしょう。

残念ながら無料レンタルサーバーにも電話サポートもメールサポートもありません。問題が起きた場合、解決方法は自力で解決する必要があります。

WordPressが使える無料レンタルサーバーの選び方

無料レンタルサーバーの注意点を抑えつつ、無料レンタルサーバーの選び方をご紹介いたします。

  • 選び方①:独自ドメインは設定可能か
  • 選び方②:商用利用は可能か
  • 選び方③:WordPressは設置可能か
  • 選び方④:保存容量が十分か

選び方①:独自ドメインは設定可能か

独自ドメインが設定できる無料レンタルサーバーがおすすめです。

独自ドメインとは商標やブランド名と同じように、唯一無二であり、ドメイン取得者専用のものです。
検索エンジンはドメインに対してSEOスコアを振っていると言われています。

つまり、将来無料レンタルサーバーから有料レンタルサーバーに移行した際に、独自ドメインを引き継げば、ホームページのSEOスコアも引き継がれます。

選び方②:商用利用は可能か

無料レンタルサーバーの運営者が設定する独自のルールや禁止事項を事前に確認してください。

アフィリエイト不可、特定のサービスへの誘導不可、コーポレートサイト不可など営利目的とするサーバーの利用を禁止している場合があります。

規約違反状態と認識せずにホームページを運用していると、ある日突然サーバーが利用できなくなり、今まで積み上げきたデータを失う可能性がありますのでご注意ください。

選び方③:WordPressが利用可能か

サーバーにWordPressが設置できるかどうか確認してください。サーバーによってはWordPressが設置できない場合があります。

有料レンタルサーバーでは、ほとんどの場合WordPressは利用可能です。ですが無料レンタルサーバーでは有料レンタルサーバーに比べて機能が限定的なため、事前にサーバーにWordPressが設置可能か確認する必要があります。

選び方④:レンタルサーバーの保存容量が十分か

1GB以上あると良いでしょう。

更新を続けていくうちに容量が足りなくなって、有料レンタルサーバーに踏み切るケースが多いようです。ホームページに画像を設置する場合は、画像の圧縮をおすすめします。

WordPressが使える無料レンタルサーバーを紹介

注意点やデメリットが多い無料レンタルサーバーですが、その中でも使いやすい良質な無料レンタルサーバーを紹介していきます。

XFREE「WordPress機能」

https://www.xfree.ne.jp/

XFREEはエックスサーバーが提供する無料レンタルサーバーです。無料のプランは3つある中で、WordPress専用のプランがあります。WordPress専用プランでは、管理画面上から簡単にWordPressをインストール可能です。無料レンタルサーバーですが、独自ドメイン対応で、PCでの閲覧時には広告は表示されません。

プラン名WordPress機能データベース容量100MB
ディスク容量2GB独自ドメイン
マルチドメイン自動広告の有無あり
MySQL5個転送量
PHPPHP5, PHP7SSLX

スターサーバーフリー「フリー PHP+MySQL」

https://www.star.ne.jp/free/

スターサーバーフリーはエックスサーバー関連会社の「ネットオウル株式会社」が運営する無料レンタルサーバーです。無料のプランは3つあり、WordPressが利用できるのは「フリーPHP+MySQL」プランです。無料レンタルサーバーでありながら、独自ドメインが設定できます。また広告は表示されますが、PCには広告は表示されません。

プラン名フリー PHP+MySQLデータベース容量50MB
ディスク容量2GB独自ドメイン
マルチドメイン自動広告の有無あり(スマホのみ)
MySQL1個転送量
PHPPHP5, PHP7SSLX

XREA「XREA Free」

https://www.xrea.com/

XREAはGMOデジロック株式会社が運営するレンタルサーバーです。

プランの中の「XREA Free」が無料プランです。XREAは無料プランで物足りなくなったら有料プランへのプラン変更で済むため、移行しやくなっています。気軽に無料プランからホームページを運用できます。

こちらも独自ドメイン対応。

プラン名XREA Freeデータベース容量1GB
ディスク容量1GB独自ドメイン
マルチドメイン自動広告の有無あり
MySQL1個転送量1GB/日
PHPPHP5, PHP7, PHP8SSL

WordPress.com「無料」

https://wordpress.com/ja/

WordPress.comはWordPressの公式サービスで、最初からWordPressがサーバーにインストールされているため、面倒な初期設定をある程度スキップしてスムーズにホームページを作成できます。ただし基本的なプラグイン以外は使用できないため、WordPressの利点を制限されています。いずれは有料プランへの切り替えを前提としたお試し用プランと言えます。

こちらは独自ドメイン不可です。

プラン名無料データベース容量
ディスク容量3GB独自ドメインX
マルチドメインX自動広告の有無あり
MySQL転送量
PHPSSL

個人事業用にもおすすめ!スピーバーのレンタルサーバー

上記で紹介した無料レンタルサーバーは良質な無料レンタルサーバーですが、それらでも解決できない大きなデメリットは以下の3つです。

  • 広告が入る
  • 保存容量が少ない
  • サポートが無い

弊社が提供するレンタルサーバースピーバーは月額1,320円からのレンタルサーバーです。無料レンタルサーバーとは比較にならない性能と特長があります。

広告は入らない

スピーバーは有料レンタルサーバーなので広告はもちろん入りません。逆にアフィリエイト広告の設置が可能です。ぜひご活用ください。

保存容量に困らない大容量SSD

スピーバーの保存領域はHDDより高速なSSDを搭載しています。容量は一番安いプランでも50GBの大容量で、高速な読み込み書き込み速度を実現します。

サポート充実 困ったときはすぐに電話してください

スピーバーが力を入れているサービスの一つがサポートの手厚さです。

ホームページを運用するためにはどうしてもサーバー関連の知識が要求されてしまいます。これが障害とならぬよう、お問合せ用の電話番号を用意しており、導入前のご相談から何度でもお問合せいただけます。サーバーやドメインについて相談したいといった相談に全力でお応えします。

まずはスピーバーのサポート窓口へお問合せいただき、お客さまのご要望をお聞かせください。

お客さまにとって弊社サービスが有用かどうか、丁寧にアドバイスいたします。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日々の小さい積み重ねが大事だなぁと感じている今日このごろ。価値ある情報を発信して、変化と成長を求める皆様のお役に立ちます。
趣味:筋トレ、読書、競技スキー
使用言語:C言語, HTML/CSS, Javascript, PHP

まずはお気軽に
お問い合わせください

スピーバーのサポートデスクでは、レンタルサーバーに関するご質問やご相談だけでなく、
お客様のオフィス内でのお困りごと全般のご相談を受付けています。

パソコンの操作、メールの設定、迷惑メールやスパムメールが多くて困るといった、
日常業務でのお困り事をお気軽にご相談ください。

お電話での
お問い合わせは
スピーバーお問い合わせ電話番号:0120-63-1138
0120-63-1138
9:00~18:00(祝祭日を除く月曜日~金曜日)
目次
閉じる