アクセス解析とは

この記事の目的
今やビジネスにおいてコンピュータ・情報・通信などを中心とする「IT用語」に対する知識は欠かせません。
あまり馴染みがない各分野のIT用語を、なるべく専門用語を使わずに解説していきます。

この記事の対象読者
Web制作を始めたばかりの人。
自社のWebマーケティングを任された人。
専門用語についていろいろ知りたい人。
Webマーケティングを行なっているが、言葉の定義を再確認したい人。
など、Webに限らずDXに携わるすべての方に。

目次

アクセス解析とは

アクセス解析とは解析ツールを使用し、コンバージョン(CV)アップのためにWEBサイトにアクセスしたユーザーの行動データを分析することです。

・どのような属性のユーザーが訪問しているのか
・どのようなコンテンツが人気なのか
・逆に人気のないコンテンツはどれか

といった要素をもとに分析して、サイトを最適化していきます

アクセス解析の目的

アクセス解析の目的はサイトの現状を把握し、コンバージョン数を増加させるためのサイト課題を見つけることです。

コンバージョン

コンバージョンとはマーケティングにおいては、ユーザーがサイト上のゴールとしている行動を取ってくれることを意味します。
ECサイト(ネットショップ)であれば「商品の購入」、企業であれば「お問い合わせ・資料請求」など、コンバージョンは目的によって変わります。

アクセス解析をする前にまずはコンバージョンを設定する必要があります。

アクセス解析で分かること

アクセス解析でわかるポイントは、

  • ・ユーザーの属性(性別、年齢、興味関心、地域など)
  • ・ユーザーの流入経路(検索、広告、外部リンクなど)
  • ・ユーザーが最初に訪れたページはどこか
  • ・よく見られているページはどこか
  • ・ユーザーがどのページでサイトを離脱したか
  • ・ユーザーがどのページで直帰(最初に閲覧したページでサイトを離脱)したか
  • ・コンバージョン

これらの数値を計測して、課題を調査していきます。

アクセス解析ツール

アクセス解析ツールを活用することで、ユーザーの特性や行動を知ることができます。

Googleアナリティクス

GoogleアナリティクスはGoogleが提供する無料アクセス解析ツールです。

サイトへのアクセス数やユーザーの数、コンバージョン数のほか、ユーザーのサイト内行動や流入経路を解析できるのが特徴です。
上記の数値以外にもさらに細かな数値を確認でき、柔軟な解析を行うことが可能です。ユーザーがコンバージョンに至った経緯もチェックできるため、コンバージョンしやすいパターンを見つけるなどに活用できます。

Google Search Console

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)とは、サイトが検索エンジンからどのように認識されているかを確認できるツールです。活用することでユーザーがサイトに訪問する「前」の行動を分析できます。

ユーザーがどのような検索キーワードでアクセスしてきたのか、サイトがGoogleにインデックス(検索エンジンに登録)されているか、セキュリティに問題はないかなどの情報を知ることができますので、Googleアナリティクス同様、アクセス解析には必須のツールです。

アクセス解析用語

セッション

セッションとはサイトに訪問したユーザー数です。サイトにアクセスしてから離脱するまでを「1セッション」とカウントします。同一のユーザーが、おなじサイトに2回訪問すれば、セッション数は「2」となります。また30分以上行動がない場合や、日付が切り替わる際には、新しいセッションとしてカウントされます。

ページビュー数(PV)

ページビュー数(PV数)とは、ユーザーがページを閲覧した回数です。ブラウザにページが読み込まれるたびにページビュー数が増加します。セッションが流入から離脱までを1回とカウントするのに対し、ページビューは1ページ閲覧されるごとにカウントされる仕組みです。

直帰率

直帰とは、ユーザーがサイト内で最初に訪れたページしか見ずにそのまま離脱することを意味します。そして直帰率とは、全セッション数のうちの直帰したセッションの割合を表わします。サイト全体の直帰率が高いと、サイトの内容がユーザーのニーズに応えられていない可能性が高いです。

離脱率

離脱率は、そのページがセッションの最後のページになった割合を示します。離脱率が高いページがあれば、そのページを分析して改善に繋げます。

平均ページ滞在時間

平均ページ滞在時間とはユーザーがページを開いてから、別のページを開くまでの時間を指します。ページの滞在時間が短い場合、「ページが見にくい」「求めている内容と違う」と想定され、改善のヒントになります。

ランディングページ

ランディングページとは、ユーザーの最初の訪問ページです。つまりセッションが開始されたページです。アクセス解析におけるランディングページは、WEB広告に用いられる縦長のランディングページとは限りませんので注意しましょう。

検索クエリ

検索クエリとは、ユーザーが検索に入力した語句のことです。検索クエリはサーチコンソールで確認できます。検索クエリは自サイトにユーザーが訪問しなくても、検索結果ページに表示された時点でカウントされます。

メールやホームページの
「困った!」を解決しませんか?

お取引企業20,000を超える実績を持つスピーバーでは、豊富な知識を持ったIT業務の専門家が 複雑な手続きや設定をサポートし、お客様の挑戦と成長を応援いたします。

スピーバーに相談する
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日々の小さい積み重ねが大事だなぁと感じている今日このごろ。価値ある情報を発信して、変化と成長を求める皆様のお役に立ちます。
趣味:筋トレ、読書、競技スキー
使用言語:C言語, HTML/CSS, Javascript, PHP

まずはお気軽に
お問い合わせください

スピーバーのサポートデスクでは、レンタルサーバーに関するご質問やご相談だけでなく、
お客様のオフィス内でのお困りごと全般のご相談を受付けています。

パソコンの操作、メールの設定、迷惑メールやスパムメールが多くて困るといった、
日常業務でのお困り事をお気軽にご相談ください。

お電話での
お問い合わせは
スピーバーお問い合わせ電話番号:0120-63-1138
0120-63-1138
9:00~18:00(祝祭日を除く月曜日~金曜日)
目次