hostsファイルとは

目次

はじめに

まだ「DNSとは(リンク:https://speever.jp/useful/glossary-dns/)」の記事をお読みいただいていない方は、本稿より先にそちらをお読みください。

hostsファイルとは

hostsファイルとは、端末に存在する、名前解決を行うための設定ファイルです。

「DNSとは」の記事で述べたとおり、端末がホスト名とIPアドレスの組み合わせを確認する(名前解決)際には、その組み合わせの対応表を管理しているDNSサーバーを探し、そこに問い合わせます。

しかし、端末のhostsファイルにこの組み合わせの対応表を記載しておくと、端末はDNSサーバーに問い合わせることなく、名前解決ができるようになります。

言い換えれば、その端末だけの優先DNSサーバーのようなものを設定しておくことができると言えるでしょう。

hostsファイルの用途

元々hostsは、DNSという仕組みができる以前に名前解決を行う仕組みでした。

しかし、インターネットが普及しドメインの数が膨大になるにつれて、個々の端末が名前解決を行うことが現実的ではなくなったために、現在ではDNSで名前解決することが一般的になりました。

現在ではhostsは、DNSの変更に先立って、DNS変更した場合の検証を行うという用途にしばしば利用されます。

例えば、https://www.example.com/ というURLでWordPressサイトを運用しているウェブサーバーを、サーバーAからサーバーBに変更することを想定しましょう。

サイトデータをサーバーAからサーバーBに移行し、DNS切り替えた時に、もし、移行時のミスなどがあればWordPressが正しく動作しない場合があります。

そこで、検証用の端末を用意し、そのhostsファイルを変更しておけば、その端末でのみDNS変更されたかのように動作検証を行うことができる、という塩梅です。

hostsファイルの場所

hostsファイルの場所は、OS毎に異なりますが、一般的に以下の場所にあります。

Windows
C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts

Mac
/private/etc/hosts

UNIX/Linux
/etc/hosts

hostsファイルの編集方法

hostsファイルそれ自体はテキストファイルなので、(Windowsであれば「メモ帳」などの)テキストエディタで編集できます。

ただし、多くの場合は端末の管理者権限が必要です。もし管理者ユーザーでない場合は、端末の管理者にご相談ください。

メールやホームページの
「困った!」を解決しませんか?

お取引企業20,000を超える実績を持つスピーバーでは、豊富な知識を持ったIT業務の専門家が 複雑な手続きや設定をサポートし、お客様の挑戦と成長を応援いたします。

スピーバーに相談する

【期間限定】独自ドメイン取得・共用サーバー3ヶ月分を税込100円でご提供中!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

クラウド黎明期から一貫して「初心者の方に分かりやすく」がモットー。
これからもITやクラウドを通じてお客様のお役に立ちたい。

まずはお気軽に
お問い合わせください

スピーバーのサポートデスクでは、レンタルサーバーに関するご質問やご相談だけでなく、
お客様のオフィス内でのお困りごと全般のご相談を受付けています。

パソコンの操作、メールの設定、迷惑メールやスパムメールが多くて困るといった、
日常業務でのお困り事をお気軽にご相談ください。

お電話での
お問い合わせは
スピーバーお問い合わせ電話番号:0120-63-1138
0120-63-1138
9:00~18:00(祝祭日を除く月曜日~金曜日)
目次
閉じる