メールのSSLとは

目次

はじめに

まだ以下の記事をお読みいただいていない方は、本稿より先にそちらをお読みください。

本稿では主に電子メールで利用されるSSL/TLS通信について解説します。

電子メールにおけるSSL/TLS通信とは

電子メールにおける各種通信、すなわち、POP/IMAPおよびSMTPでも、SSL/TLSにて通信できます。

・メールクライアント(メーラー)とメールサーバーとの間の通信
・メールサーバー同士の通信

これらをSSL/TLS通信にすることで、よりセキュアにメールを送受信できることが期待されます。

GMAILではSSL/TLS通信を行っていない送信元からのメールには赤い鍵アイコンを表示して注意を促す。

電子メールの通信をSSL/TLS通信にするためには

メールサーバーにSSL証明書をインストールし、SSL/TLS通信に対応させる。

https通信を行うためにはウェブサーバーにSSL証明書をインストールする必要がありましたが、同様にメールサーバー(POP/IMAPサーバーとSMTPサーバー)にSSL証明書をインストールし、SSL/TLS通信に対応させる必要があります。

このSSL証明書のコモンネームはメールサーバーのホスト名と一致していればかまいません(必ずしもメールアドレスの@以降と一致している必要はありません)。

いわゆる「共用レンタルサーバー」や、クラウド型のメールサービス(Microsoft 365 Exchangeなど)では、事業者によってあらかじめインストール済であることが多いですが、専用(仮想専用)サーバーでは、別途インストールしなければならないことがあります。

メールクライアントの設定を変更する。

メールサーバー側に適切にメールクライアントの受信/送信サーバー設定においても、SSL/TLS通信のための設定を行う必要があります。詳しくはレンタルサーバーのヘルプを確認するか、サポートにお問い合わせください。

Mozilla ThunderbirdにおけるMicrosoft 365 Exchangeの設定例。

STARTTLSにおける注意点

メールサーバー間の通信をSSL/TLS通信にするSTARTTLSですが、これは双方のメールサーバー両方が適切に設定されている必要があります。ご利用のレンタルサーバー側だけが対応していても、送信先(または送信元)が対応していなければ意味がありませんのでご注意ください。

宛先や送信元がSSL/TLS通信に対応しているかは、
Secure Email (https://www.checktls.com/)などのツールで調査することができます。

メールやホームページの
「困った!」を解決しませんか?

お取引企業20,000を超える実績を持つスピーバーでは、豊富な知識を持ったIT業務の専門家が 複雑な手続きや設定をサポートし、お客様の挑戦と成長を応援いたします。

スピーバーに相談する
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大和(やまと)のアバター 大和(やまと) DX推進アドバイザー

クラウド黎明期から一貫して「初心者の方に分かりやすく」がモットー。
これからもITやクラウドを通じてお客様のお役に立ちたい。

まずはお気軽に
お問い合わせください

スピーバーのサポートデスクでは、レンタルサーバーに関するご質問やご相談だけでなく、
お客様のオフィス内でのお困りごと全般のご相談を受付けています。

パソコンの操作、メールの設定、迷惑メールやスパムメールが多くて困るといった、
日常業務でのお困り事をお気軽にご相談ください。

お電話での
お問い合わせは
スピーバーお問い合わせ電話番号:0120-63-1138
0120-63-1138
9:00~18:00(祝祭日を除く月曜日~金曜日)
目次