POPとIMAPの違いについて

目次

POPとIMAPの違いについて

メールを設定する時、受信メールの種別にはPOPとIMAPがあります。
それぞれメリットとデメリットがありますので特性を理解しておくことが重要です。

≪POPとは≫

POP はユーザーが利用している電子メール サービスに問い合わせ、そこから新しいメッセージをすべてダウンロードします。 PC または Mac にメッセージがダウンロードされると、電子メール サービスからメッセージが削除されます。 つまり、電子メールのダウンロード後は、同じコンピューターからしか電子メールにアクセスできません。 別のデバイスから電子メールにアクセスしようとしても、ダウンロード済みのメッセージはなくなっています。

送信済みのメールは、電子メール サーバーではなく、PC または Mac にローカル保存されます。

インターネット サービス プロバイダー (ISP) の多くが POP を使用する電子メール アカウントをユーザーに提供しています。

≪IMAPとは≫

IMAP を使用すると、どこにいても、どのデバイスからでもメールにアクセスできます。 IMAP を使用してメール メッセージを読んだ場合、実際にはメール メッセージをコンピューターにダウンロードまたは保存しているわけではありません。代わりに、メール サービスから読み取る必要があります。 その結果、スマートフォン、コンピューター、友人のコンピューターなど、世界中のさまざまなデバイスからメールを確認できます。

IMAP では、メッセージをクリックした場合にのみメッセージがダウンロードされ、添付ファイルは自動的にダウンロードされません。 この方法では、POP よりもはるかにすばやくメッセージを確認できます。

IMAP は、携帯電話、ノート PC、タブレットなど、さまざまなデバイスからメールを確認する必要があるときに推奨される方法です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

クラウド黎明期から一貫して「初心者の方に分かりやすく」がモットー。
これからもITやクラウドを通じてお客様のお役に立ちたい。

まずはお気軽に
お問い合わせください

スピーバーのサポートデスクでは、レンタルサーバーに関するご質問やご相談だけでなく、
お客様のオフィス内でのお困りごと全般のご相談を受付けています。

パソコンの操作、メールの設定、迷惑メールやスパムメールが多くて困るといった、
日常業務でのお困り事をお気軽にご相談ください。

お電話での
お問い合わせは
スピーバーお問い合わせ電話番号:0120-63-1138
0120-63-1138
9:00~18:00(祝祭日を除く月曜日~金曜日)
目次
閉じる